ブログの集客に必要なファン作りの5つの考え方について解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ブログのファン作りとは
スポンサーリンク

この記事は約6分で読めます。

e3372a19bf296a64b2ac32809a68ea02_s

まーすんです。

 

ブログでPVを増やすための根本的な解決策は、読者を増やすということです。

根本的な考え方としては簡単ですよね。

見る人が多ければ、その分PVも上がりますもんね。

 

「ではどうすれば、読者が増えるのか?」

 

 

ここの解決策が必要になってきます。

読者を増やすためには、読者をの理解が必要になってきます。

 

読者の理解を持っていれば、どんなことを求めていのが見えてきます。

つまり、求めているもに対する解決方法を提供できます。

 

 

今回は、読者を増やすために必要な読者のリサーチ方法について解説をしていきますね。

 

読者を「理解」する

ブログやホームページに来てもらった読者が、

どのような事を悩んでいるのかについて理解する必要があります。

 

 

これを理解することによって、読者にどのような価値を提供するべきかわかりますし、

どのような言葉を使えば、読者が反応するのかがわかります。

 

 

基本的に、普段使っている言葉を使うことで、反応は得られます。

そのため、普段の中で特に反応するのはどの言葉なのかを、

しっかりと把握しておく必要があります。

 

これを把握しておくと読者の心に響き、また読みたくなるような感情が湧いてきます。

 

 

読者の言葉を把握しておく

先ほどもお話ししましたが、読者がどのような言葉に反応するのかを

把握する必要があります。

 

これを把握するためには、得意な趣味、好きな事、マニアックな事を

知っていないといけません。

 

あなたのブログに、同じような趣味を持つ人が検索でたどり着きます。

なので、得意な趣味や好きな事に関する特定の言葉には、読者は反応しやすいです。

 

その趣味や好きな事の専門用語を羅列すると、内容や文章が小難しくなってしまい、

読みにくくなってしまいます。

なので、全体の文章にちょっとずつちりばめてあげると、読者に共感が生まれたり、

親近感が湧いてきます。

 

そこから、あなたのブログにファンが生まれていきます。

 

 

読者の欲求を知る

ブログやサイトに来る読者は、必ず何かしらの欲求を持っています。

今持っている欲求をキーワードとして打ち込み、あなたのブログへたどり着いてきます。

 

なので、読者が来た時に、欲求を解消してあげないと、ファンにはならず、

すぐに去って行ってしまいます。

 

そのようにしないために、読者の欲求を把握しておく必要があります。

 

欲求の把握方法として、マズローの5段階欲求から、

どの位置に読者がいるのかを調べます。

 

マズローの5段階欲求説に関しては、こちらの記事で詳しくお話ししています。

参考にしてみてください。

→【相手の欲求を満たし、反応をもらいやすいターゲットの考え方とは?

 

 

5段階欲求のどの位置にいるのかを把握できたら、自分のテーマと読者のいる位置を

照らし合わせて、分析をしていきます。

スポンサーリンク

 

 

例えば、あなたが旅行のテーマでブログを書いていたとします。

読者の欲求が、安全に対する欲求だった場合は、旅行先の治安や環境ですよね。

 

この欲求が社会的な欲求だった場合は、旅行のコミュニティーや、

一緒に行った人と楽しめそうな場所や食べ物を求めています。

 

このように、5段階欲求説から、読者が何を求めているかを知ることができます。

 

この欲求を把握して記事を書くと、

読者に対して的確に価値を提供していく事ができ、ファンを増やすことができます。

 

 

読者の悩みや不安を調査する

凄く根本的な事ですが、読者の悩みや不安を知っていないと、記事はかけません。

ファンを増やすということは、読者に価値を提供し、

不安や悩みを解決してあげる事が一番の方法です。

 

では、どのように悩みや不安を把握するのか?ということですが、

悩みや不安は、解決したい欲求に直結します。

 

把握の方法はとにかくリサーチをするしかありません。

今の時代は、わからないことは調べたり、ネットで聞くことが主流になっています。

 

なので、yahoo知恵袋等の質問サイトで、自分のテーマに合った質問を調べると、

読者の悩みや不安を理解することができます。

また、自分と似たようなテーマを扱っているサイトを見て、

「この投稿者は、どんな悩みを持つ読者に向けて書いているのか?」

ということを考えながら調べるのも、効果的です。

 

調べたことに対して、自分の主観を少しと、客観的なデータを盛り込むことで、

独自性のある記事に仕上げることができます。

 

それにより、読者に価値を提供できる記事作成ができます。

 

 

自分が読者自体になる。

自分が自分の読者自身になるということです。

 

私たちは主観で生きていますよね?

 

私もあなたも、ほかの読者も、みんなそれぞれ持っている主観で

物事を判断したり、理解して生きています。

 

 

なので、ファンを増やすためには、読者が持っている主観に、

あなた自身が近づけていかなければいけません。

 

また、ブログは多くの人に見てもらわなければいけませんが、

読者が見ているときは、一人です。

 

要約すると、「読者一人に対して訴えかける。」ということです。

 

講座やセミナーでは、先生一人に対して多くの人が受けているので、

先生は「みなさん」といいますが、

ブログは個人に向けて発信しているので、「あなた」や「○○さん」というように、

一人に対して話しかけることが大切です。

 

一人に対して話しかけることで、読者は「自分に語り掛けてくれている」と思い、

 

あなた自身に共感や好感を持ってくれるようになります。

 

 

読者があなたに好感を持ってくれれば、その読者はファンになってくれている

ということです。

 

 

最後に

以上が、ブログのファン作りに必要な5つの考え方でした。

 

この記事のまとめとしていえるのは、

ブログに訪問してくれた読者を理解して、読者の悩みを解決させる価値を提供する事です。

 

読者は、何かしらの悩みを絶対に持っています。

逆に、悩みを持っていないと、訪問は絶対にしてこないということです。

(もしも時間潰し系のブログなら、話はまた変わってきますが…)

 

なので、しっかりと訪問してくれた読者を理解し、

どのような事を悩んでいるのか調査することを心がけてください。

 

それをやっていく事によって、かならずあなたのブログにファンは付いていきます。

調査は考えることが多くて大変な作業ではありますが、ブログが将来大きなメディアに

変わりますので、読者の理解を頑張って行ってくださいね!

 

 

それでは今回はここで終わります。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*