コピーライティングのスキルを磨くためには?量をこなす重要性を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
1d5739bdfb4bc8194dc377a16c052be7_s
スポンサーリンク

この記事は約7分で読めます。

1d5739bdfb4bc8194dc377a16c052be7_s

まーすんです。

 

今回のお話しは、

「コピーライティングのスキルを磨くためには、量をこなしましょう!」

というテーマです。

 

その名の通り、コピーライティングのトレーニングは、質より量です。

 

別な記事でもお話ししていますが、

コピーライティングはお客様に読んでもらわないと、意味がありません。

→【コピーライティングの基礎は、お客さんに広告を読ませること!

 

ですが、読んでもらうためには、とにかく量をこなして、良い文章というものを

身に着けていく必要があります。

 

もちろん、ただ単にコピーを書いて量をこなすだけでは意味がありません。

 

では、どのようにして量をこなしていくかです。

これから量をこなす重要性と方法についてお話ししていきますね。

 

スキルを磨くための考え方

コピーライティングのスキルを磨くために大事なのは、

『なぜこのコピーはこんなに効果がでているのか?』

『このコピーはどんな意図があって、この文章にしているのか?』

ということを常に考えなければいけません。

 

ただやみくもに書いていても、この思考が無いと、実際に1から自分で書くときに、

全く効果のない文章が出来上がってしまいます。

 

言わば「ただ手の運動をしている」だけです。

 

コピーライティングに限らず、文章には必ず『意図』があります。

 

コピーライティングでは、なぜか自分中心になってしまう

国語の授業で、著者の意図を読み取る授業をしましたよね?

授業では、著者の意図を考えようとします。

 

ですが、コピーライティングになると、なぜか多くの人が小手先のテクニックばかりに目を向けてしまいます。

 

なぜだと思いますか?

 

理由は簡単です。

 

 

 

『小手先のテクニックを利用すれば、お金が稼げるから』です。

 

 

間違いではないが、本質を飛び越している

確かに、小手先のテクニックを使うことで、利益を生み出すことはできます。

 

ですが、コピーライティングにおけるスキルは、

正しい思考を持っている前提で扱われています。

 

なので、コピーライティングのスキルを上げようと思っても、

この思考を持っていない限り、上達は見込めません。

 

現代では、ネットでちょこっと調べただけで、

コピーライティングのテクニックを知ることができますよね?

 

しかし、ああいったものは、この思考を持っていないと、

自分で文章を書いたとしても、意味を成さないものです。

 

コピー文章を書くときは、テクニックを求めないようにすることが重要となります。

スポンサーリンク

 

そして、手法を学ぶにしても、まずは思考の部分を理解しておく必要があります。

 

 

なぜそこまで量が重要なのか

先ほど、スキルを上げるためには、量をこなす必要があるとお話ししましたね。

 

では、なぜそこまで量を重要視するのでしょうか?

 

結論から言うと、

『実力が伴っていない状態で書いても、大きな成果は上げられない』

からです。

 

コピーライティングは質よりも量です。

とにかく経験値が必要なスキルなのです。

 

継続すれば、質が量を上回る時が来る

コピーライティングの上達は、とにかく量をこなすしかありません。

テクニックを求めずに、意図や効果を考え抜いて、書きまくることです。

 

そうすると、着々と実力が付いていき、

実践時に良質な文章を作り上げる事ができます。

それに伴い、大きな成果も得られることとなります。

 

スキルを磨くためには、地味すぎる作業の繰り返しになりますが、

ここで根気強くトレーニングを行うことで、将来何百万もの収益になる

文章を作ることができます。

 

巷に広がっている小手先のテクニックに惑わされずに、

とにかく集中して量をこなすようにしてくださいね。

 

 

良いコピー文章を見つける方法

コピーライティングのトレーニングをしようと思ったときに、

『コピーなんで溢れすぎてて、何を見ればいいかわからないよ!!』

 

と、思うかもしれません。

 

確かに、世の中には様々な広告や販売文がありますね。

 

では、電車に乗った時、何か雑誌を見たときなど…

多くの人が目にするものにある広告を見てみてください。

 

何日、何週間も同じ広告を出しているときがありませんか?

実は、そうやって長い間出し続けている広告こそ、良いコピー文章なのです。

 

販売者からすると、

 

同じ広告を出している=大きな収益を出している

 

ということになります。

 

なので、このような広告を見つけたら、そのコピー文章を真似して、

『なぜこの広告で儲かっているのか?』

と考えると、スキルは上達することができます。

 

要は、

『雑誌や新聞、ネット上などで、

長期間にわたって同じデザインのまま使われている広告』

の意図や効果を考えることです。

 

語彙力を鍛えられ、言い回しや例文が身に付く

良いコピー文章を探し、それについて考えていく事で、

着実に語彙力が鍛えられますし、良い言い回しや例文も考えられるようになってきます。

 

とにかく量をこなすということが重要なのは、

思考を鍛えることと、言い回しや例文を身に付ける事にあります。

 

これにより、スキルが上がった状態で文章を書くと、

大きな成果を上げられるようになるのです。

 

 

最後に

いかがでしたか?

今回は、コピーライティングにおける量の重要性についてのお話しでした。

 

実際に、コピーライティングのスキルを高い状態に保つためには、

日々の練習の積み重ねが必要です。

途中でやめてしまうと、せっかく積み上げてきたスキルが崩れていきます。

なので、それを避けるために、

できるだけ毎日文章を書く練習をしていきましょうね!

 

それでは、今回はここで終わります

ここまで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*