結果を出せない6つのダメな特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
14134d5fe19bd9b1b5a9fe07b7f5a810_s
スポンサーリンク

この記事は約10分で読めます。

まーすんです。

 

人には色々なタイプがありますね。

物事の理由を知りたがる人、

物事の背景や事実を知りたがる人、

物事のやり方から調べる人、

まずはやってみる人。

 

大体4タイプに分かれます。

 

これら4つのタイプに共通するのは、『行動を起こしている』ことです。

 

ですが、どのタイプにも属さない『結果を出せないタイプ』というものも

存在します。

 

タイプというよりは特徴ですが…

 

今回は、そのダメな特徴についてお話していきます。

タイトルには6つと書きましたが、

もしも3~4個でも当てはまるとしたら、

イエローカードとなりますので、ご注意ください!

 

逆を言うと全てに当てはまらない人は、

何かしらの結果を残している人、結果を出せる人です。

 

 

それでは、お話していきますね。

もしもムカッときたら、ここはグッ!とこらえて、

改善の材料としてくださいね。

 

ダメな特徴7つについて

無防備過ぎてすぐ釣られる

要は詐欺に逢いやすいって事です。

心当たりのある人は、すぐ甘い話に乗っかろうとしませんか?

 

ネットの広告ですと、

「1日3分で月10万」

「3タップで3万円」

「1時間後には月収1億円!」

 

こんなうたい文句がわんさかとありますよね。

 

そんな広告にメールアドレスを入れて登録してしまった…

なんてことはないでしょうか?

 

こういったのは、詐欺です。

 

世の中楽して稼げることはできません。

運よく宝くじで1等当たるくらいですよ(笑)

 

「ネットで稼ぐの楽勝じゃん!」とか思ってしまったら、

ネットやめたほうがいいくらいの警報が鳴りますよ。

 

確かに、仕組みを作れば楽に稼ぐことができますが、

ネットで稼ぐための仕組み作りが、めちゃくちゃしんどいです。

 

泥沼で穴を掘るような作業ばかりなので、

いざ始めたら「思ってたのと違う」と思う人は大勢います。

 

アフィリエイトって聞いたことありますか?

ネットの広告業の事ですが、稼げてる人は全体の5%です

 

アフィリエイトもこの泥沼のような作業なので、

地味すぎるのになかなか成果が出ないってやめてく人が多いです。

 

これが、95%稼げてない現状です。

 

このように、ネットで稼ぐことも全然楽ではないので、

簡単に○○万円稼げるなんてのは当たり前に詐欺です。

 

話を戻しますが、まず何事にも疑いから入り、

調べ尽くして確信にもっていく心がけをするのがベストです!

 

他人任せの思考

もう何で失敗しても人のせいにする人ですね。

 

正直、「ふーん」で終わる事なのですが…

 

これは、自分の魅力を下げているだけでなく、

「私は愚か者です」って宣伝しているようなものですね。

 

何事も自己責任の世界ですから、どんな結果も全て責任を持った人にきます。

それがいい結果だろうが、悪い結果だろうがです。

 

いい結果だった場合は良いですよね。

責任をもって行動をして、その結果を得たのですから。

 

悪い結果だって、結局自分で行動した結果ですよね。

悪いと言っても、それを次に活かせばいいだけの話です。

 

それを悪い結果は他人や物のせいにするって…(笑)

それでは改善どころか、同じ道をコロコロと進んでいるだけですよね。

 

全て自分に返ってくると思えば、最終的にいい結果が出る道に進むことができます。

そういった道に進むように考えなくてはいけなくなるので。

 

とにかくすべては自分に返ってくると思い、行動するように心がけましょう!

 

 

依存型の人

さっきの自己責任の話とちょっと似ているところがありますが、

誰かに頼らないとできない人の事ですね。

 

人に頼りっきりだから、自分で考えてないので、結局人のせいにしてしまう。

 

先人からのアドバイスは、その通りやっていいです。

すでに結果を出している人の教えなので。

 

ですが、なんでもかんでも頼りっきりで、

1~100まで全てを聞いて、自分では何も考えない。

 

さすがにこれでは、成長の観点からはどうなんでしょう?ってなります。

 

わからないことは、すぐ聞かずにまずは調べる!

自分を成長させたいなら、こうあるべきだと私は思います。

 

アドバイスは大まかな道と失敗したときの改善案についてですね。

それ以外の枝派みたいなものは自分で見つけていくと、

成長だけでなく、モチベーションにもつながっていきます。

 

 

とにかく自分で解決できることは自分で行う!

これを心がけることで、成長することができ、

自分の責任も色々と持てるようになりますよ!

 

文章を書くのが嫌い

これは、ネットビジネスをする人に当てはまるんですが、

インターネットってほとんどが文章ですよね?

 

音声や動画なんて言うのは、特定のサイトだけで、

全体で見たら、文章の割合が圧倒的に多いです。

 

そんな中で、「文章を書くのが嫌い」って…

人の多いところで声を出して売りこむしか方法ありませんね。

 

タイピングが遅い、苦手といった理由で嫌いなら、

まずはタイピングの練習をするべきですね。

 

幼稚園か小学1年生のころ、ひらがな練習のドリルやりませんでしたか?

ひらがなを書く練習です。

 

タイピング練習も同じようなものです。

 

しかも、タイピングは、あらかじめ配置が決まったキーを

思った言葉で売っていくだけなので、

ひらがな練習よりも楽なはずです。

 

タイピング練習は1日1~2時間を毎日やってたら

長くても半月でマスターできますよ。

 

やっぱり、文章自体が嫌いって人は、

好きなテーマのブログやニュースを呼んで、文章に慣れてみてはどうでしょうか?

 

文章が嫌いな人に対するアドバイスみたいな感じになってしまいましたが(笑)

 

 

話を戻すと、ネットビジネスに文章は必須であり、

文章で商品を売る仕事です。

 

文章は、避けては通れないので、ここはもう大好きになるくらいの

覚悟をもって接していくしかないですね。

 

私も学生時代は文章が嫌いでしたし、学校の読書時間は寝てました。

ですが、今はこうしてブログも書いていますし、読書もするようになりました。

 

コピーライティングや文章構成について勉強しないといけない時期があり、

覚悟を決めてちょっとずつやっていったら、いつの間にかこうなっていました。

 

なぜ学生時代にそうしなかったのか…ということは思わないようにしてます(笑)

 

とにかく、文章嫌いは克服する必要がありますが、方法はいくらでもあるので、

色々と試してみてはいかがでしょうか?

ちなみに私からは、好きなジャンルの記事を読む、映画の字幕、文章構成、コピーライティングなどをお勧めします!

 

話すのが苦手

さっきの文章の事とは真逆な気がしますが…

人と話すことが苦手って方も多いと思いますが、

人と話すことは避けられないですよね…

 

ガッチガチの引きこもりなら話は変わってきますが

 

あ、話すのも文章も嫌いって人は…とにかく色々頑張ってください!!

スポンサーリンク

話すよりも文章の方が好きになるのは楽ですよ!

 

 

うん、話を戻します。

 

 

話すのが苦手って、色々な要因があると思うんですよ。

・会話が続かない

・対人が苦手

・少人数ならいいけど、多人数はだめ

・恥ずかしい、自分に自信がない

 

もっとあると思います。

 

会話が続かない

会話が苦手なら、まずは相手との共通点を見つけに行くことですね。

趣味や出身、どんなことをしてきたのか、食べ物の好き嫌い、音楽や映画、テレビ番組、どんなゲームをしているのかでもいいですね。

とにかくなんでもいいから相手に聞いてみる。

 

答えが返ってきて、共通するなら、さらに会話は広がっていきますよね!

 

もしなかったら、興味を持って更に質問してみるといいです。

 

相手は興味を持ってくれた相手に話すのは嫌な気分にならないかです。

 

趣味や好きなものだったら大丈夫です。相手は好きなものだから、傷を触ることはありません。

 

対人が苦手

対人が苦手ということは、自分に自信がないからだと思います。

 

まずは相手の首元を見るようにしてはどうでしょうか?

いきなり相手の目を見て話すのは相当難易度が高いです。

ですが首元なら、相手側から見たとき、自分をしっかりと見ていると

錯覚を起こします。

 

この首元を見るというのは、就活面接のテクニックになるんですが、

普段の対人でも結構使えるテクニックです。

 

私も昔、人の目を見て話すことができませんでした。

目を見ようと頑張っては見たものの、やはり視線をそらしてしまいます。

そんな自分が嫌でした。

 

ですが、首元を見て話す分には、目を見るより楽な気持ちで話すことができました。

そこからそれをずっと続けてきた結果、いつの間にか人の目をみて話すことができていました。

 

結局、思い込みなんですよね。

「対人が苦手」という意識がいつの間にか心に刷り込まれていたんです。

 

でも、続けて行くうちに、いつの間にか心が変わっていましたね。

 

 

自分語りになってしまいましたが、まだ「苦手」というなら克服は可能です!

 

で、それが結果とどうかかわるかですが、

 

結果を出すためには、対人を相手にする機会がいつかくるって事です。

 

そこで、「苦手だから…」と避けていては結果が出せませんよ!って事でした!

 

対人が苦手な人は是非克服していただきたいと思ってます!

おどおどして弱虫みたいだった私ができたので大丈夫です!

 

少人数は良いけど、多人数はだめ

これ、プレゼンする人にはとっても痛いですね。

ネットビジネスは、多人数を相手にすることもありますが、

ネットのみでの活動なら、多人数相手にすることは滅多にないと思っていいです。

 

ですが、ネットビジネスで生かしたマーケティングテクニックなどを、

リアルのセミナーでやるとしたら…

 

多くの人が集まってくる可能性がありますよね?

そして、自分がその多人数相手にセミナーをしなければいけません。

 

 

これはもうプレゼンの知識を入れ込み、経験を積んでいくしかないです。

 

プレゼンは経験ですので、知識を学んだうえで、頑張ってください!

 

プレゼンのテクニックや心得は、ネットにもありますし、本も多く出版されています。

 

また、自分でYouTubeなどの動画サイトに投稿するのもお勧めです。

大手動画サイトは、不特定多数の人が見るので、何人見るかなんて想像もつかないでしょう。

 

ですが、動画のプレゼンなので、

音声とスライドだけなら自分自身が見られることがないので、

多人数の前でプレゼンをするより楽なはずですよ。

 

プレゼンの基礎を高めるには、もっといろいろな方法があると思います。

 

多人数が苦手だという人は是非プレゼンのスキルを上げてみてはいかがでしょうか?

 

 

恥ずかしい

人間、誰でもコンプレックスは持っています。

 

私もそうでした。

そのせいで人とかかわることを拒絶し、

ゲームに没頭していた時期もありました。(大学生活の3年間)

 

正直、恥ずかしいと思っているのは自分だけなんですよね。

他人からは、「恥ずかしいのか?」なんて疑問は湧いてないです。

 

なので、恥ずかしがること自体意味がないのかな?って思います。

ただの思い込みなので…

 

他人は他人、自分は自分です。

意味がないから、恥ずかしがる必要なんてないですよね!

 

本当に恥ずかしいのは、他人に迷惑をかけたときだけです!

 

それ以外は、「あーやらかした」で終わるので。

 

なので、恥ずかしがることは無意味だと思ってください。

 

自信がない

自信がないということは、自分のどこかから要因が来てるということです。

それが、身長なのか、髪なのか、顔なのか、体系なのか、あるいはただの思い込みなのか…

 

それは、その人にしかわかりませんが、客観的に見たら、要因はまだまだ出ます。

 

ですが、今はネット社会。

改善策はいくらでもあります。専門サイトもいくつもありますよね!

 

リアルでも、技術が進化しているので、

美容や肉体改造など、自分の理想の容姿にすることは、可能です。

 

まずは、自分の嫌なところを事細かに書き出して、それを一つ一つ解決していくと、

自信がついてきて、見られる目がいい方向に変わってきますよ!

 

それと、一番簡単なことは、とにかく清潔にしておくこと!

 

これに限りますね。

 

話し相手が汚らし人だったらどうですか?離れたいですよね?

 

清潔=自信につながります!

 

容姿があんまりウケなくても、清潔なら、全然問題ないです!

逆に、イケメンでも不潔感漂ってたら、寄ってくるのはハエくらいです。

 

なので、自信を持てるようになるためには、まずは清潔を心がけるところからですね!

 

それでは話を戻して…最後の特徴です。

 

 

素直じゃない

いますよね。

習い事で教わってるにも関わらず、

レクチャーを聞かないで自分のやり方を通す人です。

 

これが成功しない人の一番危険な特徴と言ってもいいです。

 

例えば、スポーツをする時に準備運動をまず最初にしますよね。

そのように教わったはずです。

 

ですが、「俺は準備運動なんてしなくても余裕!」と言ってスポーツを始めます。

そのあと、いきなり始めたために体を痛めました。

 

これでは元も子もないですよね(笑)

 

株でも「この会社の株が強いから、他のノウハウなんてなくても稼げる!」

と言って、全額失ったり…

 

とにかく、先人の方や先生の言うことを聞かない人は、

絶対失敗します。

 

日本の武道の教えで「守・破・離」というものがありますよね。

教えを守り、基礎見についたら、自分でアレンジをして、最終的に師匠から独り立ちする。

 

オリンピック選手なども、この「守・破・離」から結果を出せているのですよね。

 

それがいきなり、守も越えずに自己流で行ってしまったら…

結果は目に見えてますよね。

 

先人や先生の教えは、素直に聞くことで、成功の道は作られていきます。

 

素直な人ほど成長し、結果が出せるということですね!!

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

結果が出せないダメな特徴を上げてみました。

今回は結構長くなってしまいましたね。自分語りも入ってしまいましたが…

 

この特徴に当てはまる人は、これを改善することによって、結果を出すことができます!

是非参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

それでは今回はここで終わります。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*