ライフハックの本質は大きな成果を得ること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
32a66951f3d357985bedf49fb429a23a_m
スポンサーリンク

この記事は約3分で読めます。

まーすんです。

今回はライフハックの本質についての話をします。

それでは本題に入りますね。

 

[ad#2]

 

そもそもライフハックとは

ライフハックとは、「ライフ」と「ハック」の2つの言葉を合わせた合成語です。

「ライフ」は意味の通り、人生や生活を表しています。

「ハック」は、プログラマーが問題を解決する際に使われる言葉です。

こうしてみると、一見IT用語みたいな感じですが、

「ライフハック」と、一つの単語になると、

『生産性を上げるための効率的な方法』という意味になります。

 

ライフハックは仕事の場だけが使いどころじゃない

生産性とか効率的とか言われると、なんだか仕事で使うような言葉ですよね。

ですが、これは日常生活にも当てはまります。

日常生活の使いどころとして、

「人生や日常生活を変えたいなら、小さな習慣で行動を変化させましょう」

ということです。

ちょっとわかりにくいかもしれませんので、具体的に話していきますね。

 

小さな習慣で人生や生活は変わるのか?

結論から言ってしまえば、変わります。

しかも、小さな事をより多く習慣化させることで、

将来大きな成果を得ることができます。

 

大きな出来事だけが、人生を変えるきっかけじゃない

あなたは人生を変えたいと思ったとき、まず最初にどんなことを考えますか?

スポンサーリンク

もしかしたら多くの人が、何か思いっきり大きなことをしたり、

今までとは全く違うことを思い切ってやらなきゃいけないとか、

かんがえるのではないでしょうか?

一般的にはそれが普通だと思います。

なぜなら、ライフハックの本質を理解してないからです。

 

ですが、そんな大きなことをしなくても、

人生は変えることができます。

 

むしろ、小さな習慣からくる「行動の変化」によって、

人生は変わってきます。

 

小さな習慣って実際なんなの?

ざっくりと説明すると、「日常生活の効率化」です。

生活行動を楽にするとか、時間の有効活用とか、

ストレス対策、発散の習慣化とか、脳内を空っぽにするとかです。

 

ライフハックの大まかな具体例

これから大まかな内容を箇条書きをします。

事細かに書くととてつもない量になるので、

それは1個ずつ別で記事にしていきます。

 

①時間を増やす習慣化

②タスク管理で楽にする

③ストレス対策と集中力を高める仕組み化

④学習、情報収集の習慣化

⑤発想、思考力を高める仕組み化

⑥チームワーク強化の仕組み化

⑦日常生活の快適性を求める

⑧習慣化させる仕組み作り

 

こんな感じです。

ざっと書きましたが、共通するのは

「いかに楽をするか」「楽するための習慣化、仕組み化」

ということです。

 

大きな成果を得るために

ライフハックで大きな成果を得るためにはどうすればいいのか?

 

大きな成果といっても、人それぞれ異なりますが、

日常生活や仕事が楽になる習慣が身に付けば、

自然と時間が増えるはずです。

その時間をうまく有効活用することで、

大きな成果を得ることができます。

 

【効率化により、時間を増やし、有益な時間を過ごす】

ということですね。

仕組み化することで、心身ともに楽になりますので、

生産性は上がります。

 

どう時間を有効活用し、成果を得るのかはあなた次第です。

是非この本質を意識して頑張ってください!

 

それでは今回はここまでです。

読んでいただきありがとうございました!

 

[ad#2]

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*